埼玉県桶川市の農園【アズファーム】

Author Archives: ファームアズ

-新玉の全粒粉タルトフランべ-

アズ歯科 キッチン
-新玉の全粒粉タルトフランべ-

フランスの伝統料理であるタルトフランべを全粒粉入りにアレンジした料理のご紹介です。

薄い生地なのでパリパリした軽い食感は、手が止まらないおいしさですよ♪
是非新玉でお試しください。

【新玉タルトフランべ-電子オーブンサイズ-】
水切りヨーグルト 225g
玉ねぎ 1個 繊維にそってスライスしておく
サラダチキンもしくはベーコン 1パック
→大体100g 粗みじん切り
お好みでうずらの卵 10個
塩、胡椒、ナツメグ 各適量
(タイムもオススメです)

タルト生地
ドライイースト 2.5g
塩 2.5g
強力粉 75g
薄力粉 30g
(強力粉と薄力粉は準強力粉105gに置き換えても良い)
全粒粉 45g
マーガリン 40g
お湯40℃ 60ml

タルト生地の材料を全て入れ粉っぽさがなくなるまで捏ねたら30分休ませる。

タルト生地を薄くのばし
オーブンシートを敷いた天板にのせる。
→天板の大きさに合わせる
生地に水切りヨーグルトを薄く塗り塩、胡椒、ナツメグをふる。
サラダチキンや玉ねぎ、うずらの卵をのせて
250℃に予熱したオーブンで10分焼く。

お好きなサイズにカットして召し上がってください。

旬なものを体に入れると元気になれますね。
元気な野菜で健康な身体作りをしてみませんか?

身体の中から健康に♪
是非お試しください。

キッチン担当
澤田

埼玉県桶川市の農園【アズファーム】


日付:  カテゴリ:レシピ

 

 

 

第6話目 おけがわ手づくりマーケット初参加

こんにちは。あっという間に7月に入りました。

毎日雨が降り続いていますね。皆様はどうお過ごしでしょうか。雨の日に楽しめるものを共有できたらうれしいですね。すごくリアルタイムな話ですと折り紙を教えて頂く機会がありまして、折り紙の奥深さに感動しています。私からは大人だからこそ挑戦する大人の折り紙をおススメします。

  

雨の日は畑に行かないの?って質問が多いためお答えさせて頂きます。いかざるをおえないことがあり、濡れるの覚悟でいきます。収穫しないと肥大化してしまう野菜を助けにいく気持ちです。雨でテンションがた落ちなのに蚊まで救助を求めに(血を求めて)くるから、雨の日はいろんな意味で必死な農作業となります。蚊取り線香は焚けないのでスピード勝負です。ほんと、農業ってやった人にしかわからない壮大さがあります。

    

この一か月は特に公私共にイベントがあり激務でした。ですが今年に入って上半期を無事に終えることができ安堵しております。畑を始めて1年3カ月の集大成としてアズファームのイベントは大きく2つありました。

今の自分たちにとってはこれがベストというものを提供できたと思っています。

もちろん挑戦したことにより新たな課題も見つかりました。

何事もトライしてみてわかるもの、見えてくるものがあると思っています。

その瞬間があったからうまれたご縁もあります。これまでも、これからも挑戦し続けれる自分達でありたいです。

 

6/6日曜日 おけがわ手作りマーケット

 

6/19土曜日 ミナツド会 『農業体験会&食育とこどもの歯のおはなし会』

  

 

この2つのお話を2回に分けて投稿させて頂きます。

 

今回は おけがわ手作りマーケット(以下 おけてま)に初参加したおはなしをします^^

おけてまは偶数付きの第一日曜日にべにばなふるさと館にて開催される市のイベントです。来場者数は1日で約1300人程とのことです。

インスタグラムでイベントを発見し、気になり問い合わせをして参加に至りました^^

まずは、ご来店いただいた皆様、お声掛けしてくださった皆様、本当にありがとうございました。お会いできて本当にうれしかったです。無我夢中で野菜を販売していた為、ゆっくりお話しはできなかったのが心残りです。

おけてまってあんなにたくさんのお客様がいらっしゃるんですね。ほんとにすごいと思いました。駐車場は満車で、開始時間前には入口に長蛇の列がありました。その時間我々はというと、、不慣れな為準備にバタついていてその列を見にもいけなかったのですが笑

今回野菜を直売するイベントの参加は3回目でしたが、ファームのみでの参加は初めてでした。いつもアズ歯科と一緒で安心していたんだなって自分らだけになり気づけました。そしたら逆にプレッシャーが押し寄せてきました。この気持ちわかりますか?笑

今回は今までとは違い幹部の方々とお付き合いがあるわけでもなく、自分たちから参加したいと名乗りでる形だった為、おけてまの皆さんとはイベントで初めて顔を合わせることとなり、いつも以上に緊張してしまいました。

謎のプレッシャーと初めましてで、久々の真剣スイッチが入りました。

  

おけてまは、参加して知れましたが、すごく洗礼されていて素敵なアーティストさんや大人たちが集まるイベントだと感じました。
とても心地のよいイベントでした。
だからこそ、より運営の方々の日頃の努力の積み重ねをみれて感動してしまいました。
すごいって思えるこの場にいれたこと、仲間に入れて頂けたことを、とてもうれしく思います。本当にありがとうございました。

そして急遽、協賛というかたちで、
@vegetable_boys_company
さんから畑で取りきれないお野菜をロス野菜にしないためにと、こちらも一緒に販売させていただきました。売上金は義捐金として寄付していきます。

ベジボーイさんは農業規模も何も圧倒的に大先輩であり、目標でもあり(目標にするにも失礼ですが)とっても素敵な方々です。
アズファームのホームページでも改めてご紹介していきます。

大切なお野菜を預からせて頂きほんとうにありがとうございました。
これからも改めてよろしくお願い申し上げます。
@vegeboykitchen
@vegeboy_sakaba
@vegeboy_mana

ロス野菜問題に関しては、去年から販売を始めて直面した問題であり、そういった農家さん生産者に対してなんらかの形でフードバンクの役割を担いたいと考えていた為、少しずつではありますが、お役に立てたこと、かたちになってきたことを嬉しく思います。

イベントがはじまると予想以上にお客様が集まり120人くらい?のお客様がお野菜を買ってくださいました。

無我夢中で、それもまた大変でしたが、手伝いにきてくれた友人たちの連携の良さでとてもスムーズに対応ができました。

 

ほんとに持つべきものは、友です。

前日の収穫は山仲間がきてくれて5時間くらい付き合ってくれました。ほんとにやさしいです。しかもそのあと、2人とも山へ向かいました。笑 体力馬鹿ですね。

 

当日は中学時代の友人が
はるばる1.2時間かけて手伝いにきてくれました。大宮で前泊したり、朝3時起きだったりと、ほんとにほんとに。
朝みんなで集合できただけで、緊張してる中、安心してしまい、嬉しくて泣きそうになりました。

流石女子達
ディスプレイ用のまな板をコルクボードに見立てて写真を貼り付けたり、ブロッコリーの包装はブーケみたいに包んでくれたり、高校教師である友人は引率の先生のように的確な指揮をとってくれて、久々に集まったとは思えないスムーズさがあり、驚きでした。
子供店長もいて活気は溢れ、みんな仕事できる人たちだなーと更に感動しました。そして、逆に接客を褒めてくれたりして面白ろかったです。

昔から知ってる同級生に褒められると一番うれしいです。大人になりそれぞれ違う舞台で頑張ってきたんだって思えるからですね。

   

この日までの2.3週間、
野菜の出荷は間に合うのか、ずーっと悩んでました。じゃがいもは採れるのかレタスは結球しないのか、玉ねぎはいつまで肥大させるかとか、にんにくは採りたいけど生ニンニクで販売したいとか、収穫のタイミングはほんとに難しく万が一販売できる野菜が無かったらどうしようって。
いろんな思いとぶつかってました。

イベントに参加するごとに
知れる需要と供給があり、イベント関係なく毎日供給ができる農家さん生産者さんの凄みを知れます。日々勉強です。

野菜販売を開始して7か月目の今回のイベント挑戦は見事形となり、

月締めの直売所の売り上げを一日で達成してしまいました。どこで販売するのが自分たちや野菜にとっていいのかを模索し、行動し結果をだせた日になりました。

待ちの姿勢ではなく、自分たちから結果を掴みに行く、

その姿勢を崩さないことがアズファームらしさにつながっていけたら嬉しいです。

そしてこの売上金は義捐金として寄付活動に繋いでいきます。

寄付に回すからって消極的に販売はしません^^

農業をやるからには寄付関係なく自分達の野菜がたべたいと思ってもらえるものを作っていきます。

それがこの世界の誠意だと思います。

沢山の人と関われた一日になりました。すごく濃い日でした。
すごく幸せな一日でした。 なかなか味わうことのできない瞬間がありました。

 

管理人をさせて頂き
アズファームで出会えた皆様勿論、友達達、農業スタッフ、アズファームを託してくれてる先生方に感謝しかありません。

いつも本当にありがとうごいます。

 

次回のおけてま参加は 10月です!!同じく友人たちと参加する予定です。^^

お会いできるのを楽しみにしております!!

 

埼玉県桶川市の農園【アズファーム】


日付:  カテゴリ:ブログ

 

 

 

オープンサンド

アズ歯科 キッチン

-オープンサンド-
白菜のボロネーゼ
伊予柑と生ハムポテト

白菜のボロネーゼ
越冬した白菜は甘くなります。この時期が1番美味しくなった白菜をボロネーゼに。
9割が水分で出来ている白菜の水分をギュッ凝縮させると旨味、甘味が濃くなります。
お鍋に飽きたら白菜ボロネーゼがオススメです。
(今回は微塵切りでしたが、もう少し大きくカットしてもよかったかなーと後悔してます)

歯科医院のスタッフによる農業、アズファームの白菜を使用しています。

【レシピ】
豚肉のミンチ肉200g
トマトピューレ 150ml
白菜 1/4カット
ローリエ 1枚
ナツメグ 小さじ1/2
塩  小さじ1
胡椒 少々

ブイヨン 1本4g
ニンニク 1/2かけ
白ワイン 100ml

焼いたバケットに出来上がったボロネーゼとチーズを載せて200度のオーブンもしくはグリルで焼き色が付くまで焼きます。

お好みでお好きな野菜を乗せても美味しいと思います。
今回はアズファームブロッコリー🥦

ポイントはしっかりと水分を飛ばす事
できればナツメグとローリエもしくはタイムを入れてお肉の匂いを抑える事です。

伊予柑と生ハムポテトのバケットはまた今後レシピを掲載います。

 

埼玉県桶川市の農園【アズファーム】


日付:  カテゴリ:レシピ

 

 

 

第5話目 農業続けてますよ♪

お久しぶりです。

ブログを読んでくださっていた皆様、お元気でしょうか。

ブログ更新するのに10か月もかかりました。インスタグラムばかり更新してしまいごめんなさい。その間ホームページを見て直売所にきてくださるお客様がいらっしゃいました。とてもうれしい出来事でした。

ホームページを作成し始めたのは1年前ですが、公表になったのはつい最近です。これを機に改めて内容を詰めていこうと考えております。アズファームのホームぺージをどんなホームページにしたいかを考え、できることとできないことを学び少しずつ形にしてきた1年となりました。

また新しい一年がはじまり、暑い夏を迎えようとしています。梅雨の雨の時などを利用して、農作業のできない時間を有効に使いホームページを華やかにしていけるよう努めます。

アズファームのホームページの目標は大きく分けて4つあります。

・地域のまちおこしの役割を担うこと

・私たちにしかできない農業の在り方で、地域の皆様の健康に寄り添うこと

・農業の凄みに触れていき、地域の農業や生産者さんを応援し盛り上げていくこと

・社会問題に取り組むこと

 

歯医者さんの畑としてアズファームができることは、食育を通して自分の歯で食べられることの喜びを伝えていきたいのも勿論、地域貢献をはじめ社会問題に取り組む人が増えていく街づくりの手伝いをしていきたいこと、歯科と地域の皆様のパイプ役を担い、医療がもっと身近であることを知ってもらう役目を果たすことです。

ファームを通して、皆さんが知っている歯医者さんのイメージをよりいい方向へと変えていきたいです。

歯科の現場だけでは伝えきれないこと、できないことを医院の外で実現させていきます。

歯医者さんて怖くないんだ、歯は生きる上で大切なんだ、そろそろ歯医者に行くころかな

医療として私たちから歩み寄るのはもちろんのこと、患者さんから歩み寄りたくなる私たちでいたいです。

人や生き物の役にたてるのはとてもうれしいことです。

私たちにできることは尽力していきます。これからも改めてよろしくお願い致します。

~~~~❀~~❀~~❀

お久しぶりです。

(↑上の文も↓下の文も私が書いていますがもう一度挨拶!)

ファームの管理人兼アズ歯科スタッフの鈴(すず)です。このブログを読んでくれてる方が何気に沢山いらっしゃるみたいです!

少しずつアズファームの認知度が上がってるらしいです。

ホームページを見て下さった方や院内掲載新聞を読んでくださった方から『鈴さんってどの方?』と聞かれるようになりました。

質問に慣れてなくて、『あー、私です?!』って反応してしまいます。もっとカッコ良く返答したいのですが、どうすればキマるのでしょうね。笑

『鈴さん、苗字はなんてゆーの?』『あ!鈴です』っていう返答も

もっとカッコ良く返答したいです。どなたか教えてください。

さて、アズ歯科が畑を始めて一年経ちました。

激動の一年になりました。

一年経った4月のお話をさせて頂きます。

患者さんのお店で施行したイベントに歯科とファームで参加してきました。

患者さんとコラボできたこと、歯科とファームがコラボできたこと、地域イベントに参加できたこと、野菜を販売できたこと。

沢山嬉しいことが現実になった日になりました。

    

ファームをはじめてから、いくつか目標があるのですが、次々に想いが現実になっていきます。イベント参加に関しては、ここからより内容を濃くしたり深みをだしていきたいと考えてますので、まずはスタートできたことの喜びに浸らせてください。そして、イベント慣れしてないせいで、テントの設営でさえも手こずりましたが、デビュー戦を大いに楽しめました。

気付きましたか?実はアズファームの野菜、昨年秋から販売開始してるのです。

着々と前進してるんですよ♪

そして、

またじゃがいもを植える時期になりました。じゃがいもの植え付け、去年と違うことがあります。

植えた、量!!です。去年の15倍くらい植えました。

何故!?って思いましたか?

目指すは、、収穫祭や収穫体験です!農業をスタートした時の一つの目標でした。

アズ歯科のあるフレスポ桶川を管理しているダイワリースさんとコラボ企画で、この6月に収穫体験をする予定です。それもまた素敵なチラシができました。なんだか夢心地です。

しかも、逆さ植えという新しい植え方にチャレンジしました!近代農業のやり方です!

せっかくなので説明したいと思います。

ここから文面に真面目スイッチいれますね。農業二年生になりましたので笑

実はまじめに野菜育ててる事を知ってもらいたいです。

んで、長い文章打ち込むと疲れるので、

久々のブログはこれで、〆ます。(‘◇’)ゞ

また近々書きます!

お疲れ様でした笑(‘◇’)ゞ

 

『逆さ植え』

昨年は慣行植えで種芋の切り口を下向きにして、畝の谷に種芋を植えて土寄せしやすいようにしました。

去年は台風が無かったですが今年はわかりません。植える畑の水捌けがわるいのと台風の影響を考えると、畝に植え付けをしたいと考えました。

また今後の収穫祭で、子供たちが楽しく収穫するには、埋もれてるじゃがいもを掘り出す作業が固い土で思いの外力仕事になる可能性を省き、飽きさせないのと、取り残しも予測されます。

そこで、切り口を空の方へ向け浅植え、マルチを張る方法を提案しました。

切り口を上にした分、じゃがいもは地表近くになります。

近代農業でプチ流行してるものです。

マルチをはることで、雑草予防ももちろん、土寄せもいりません。追肥はいらないとありますが、心配なので追肥はしていくでしょう。

大量に植える為、

なるべく世話をやかないようにしたいです。去年、じゃがいも土寄せ、結構腰にきました。風の問題がある為、マルチが飛ばないように細心の注意を払いたいと考えてます。

追記

農業専門用語が少しずつ使えるようになったんですよ♪

埼玉県桶川市の農園【アズファーム】


日付:  カテゴリ:ブログ